レオス・カラックス 映画の二十一世紀へ向けて

リュミエール叢書13
著者:鈴木布美子
発行所:筑摩書房
刊年:1992
状態:B(背僅か色あせあります)

僅か3本の映画で「ゴダールの再来」「フランス映画の恐るべき子供」と言わしめた監督レオス・カラックス。本書は当時最新作であった「ポンヌフの恋人」を中心にインタビューや製作秘話、撮影風景の写真、そして彼のその他の(と言っても当時他には2本しか撮られていなかったのだが)作品論を収録。 初版・帯付


[状態について]
A……美品。古書として特筆すべき欠点のないもの
B……良品。汚れや変色が少ないもの。
C……並品。普通の古本のイメージ。
D……並品以下。汚れ、変色が目立つもの。

BOOKS

NEW ITEM

ABOUT

CALENDAR

2017年7月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2017年8月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
……closed